特集
» 2020年04月24日 11時00分 公開

CADニュース:「Creo 7.0」はジェネレーティブデザインやリアルタイム流体解析、マルチボディ設計など注目機能が盛りだくさん (4/4)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

その他の機能強化

 その他、作業効率化のための機能改善として、Creo 7.0では、スケッチャーの操作性向上、MBD(モデルベース定義)機能の拡張、ドラフト機能の拡張、リアルタイムのレンダリング機能の強化などが図られている。

 また、製造を考慮した設計という観点では、付加製造と除去製造に関する機能強化が行われている。3Dプリンタの活用を前提とした設計機能や出力支援機能が追加された他、スイス型旋盤への対応をはじめとする「Creo NC」の機能改善などが行われている。

付加製造除去製造 付加製造と除去製造に関する機能強化 ※出典:PTC [クリックで拡大]

【ついでに聞いてみた】Onshapeの買収とその後

 同社は、2019年10月にクラウドベースの3D CADとして知られる「Onshape」を買収しているが、今回のCreo 7.0の説明会の中で、Onshapeの存在やCreoとのインテグレーションに関して触れることはなかった。

 そこで、質疑の時間を使って、その疑問をぶつけてみたところ、トンプソン氏は「現時点でOnshapeとのインテグレーションに関して話せることはない。引き続き、(Creoとは)別の製品として存在していくことになるだろう。ただ現状、CreoとOnshape間のデータのやりとりには手間が掛かる部分もあるため、データ連携については改善する方向になると思う。だが、こちらに関しても具体的なスケジュールなどはまだ固まっていない」との回答にとどめた。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.