ニュース
» 2020年04月24日 06時30分 公開

電気自動車:日野が電動車でパートナー戦略拡大、トヨタTRATONに続いてBYDと

比亜迪(BYD)と日野自動車は2020年4月23日、電気自動車(EV)など電動商用車の開発などで協業する戦略的パートナーシップ契約を結んだと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 比亜迪(BYD)と日野自動車は2020年4月23日、電気自動車(EV)など電動商用車の開発などで協業する戦略的パートナーシップ契約を結んだと発表した。顧客のニーズに最適な商品をタイムリーに市場導入していくことを目指す。まずは、個別のEV開発から協業を開始し、EVの普及促進に向けて販売や周辺事業でも協力していく。

 BYDの商用車部門は、バスやトラックで幅広いEVのラインアップを展開する。2011年に中国・深圳でEVバスの営業運行を開始して以降、50以上の国と地域の300以上の都市で導入されている。全長10m以上のバスとしての累計販売台数は5万台以上となる。

 BYD 副総裁兼商用車部門CEOの王杰氏は、「BYDと日野は、電動商用車の技術革新とグローバルでの普及促進に取り組んでいる。中国と日本の企業が協力することにより、先端技術と確かな実績を生かしてEVを開発し、グローバル規模の普及促進をさらに加速させる」とコメントを発表した。日野自動車 取締役・専務役員の中根健人氏は「BYDのEV開発の実績と、日野の長年のハイブリッド車開発で培ってきた電動化技術と信頼性を融合させ、最適な製品をスピード感をもってマーケットに展開していく」と述べた。

 日野自動車は、トヨタ自動車と燃料電池(FC)大型トラックを共同開発する他、Volkswagenグループの商用車ブランドを統括するTRATONとは商用車向けの電動プラットフォームと電動化コンポーネントの一括企画を共同で推進するなど電動車開発のパートナーシップを広げている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.