ニュース
» 2020年04月24日 15時00分 公開

燃料電池車:ダイムラーとボルボがFC大型トラックで合弁、日本でも20年代末に発売

ダイムラートラックとボルボグループは2020年4月21日、折半出資の合弁会社を設立すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ダイムラートラックとボルボグループは2020年4月21日、折半出資の合弁会社を設立すると発表した。

 2020年代後半に長距離輸送で利用可能な燃料電池(FC)大型トラックを展開することを目指す。新会社には両社が6億ユーロ(約701億円)ずつ出資する。手続きは2020年内に完了するという。2050年までに輸送のCO2ニュートラル化を目指す政策「欧州グリーンディール構想」の達成に向けて協力していく。

 ダイムラーはグループ全体の燃料電池事業を新会社に集約する。ダイムラーの燃料電池事業は、完全子会社のMercedes-Benz Fuel Cellが担ってきた。水素タンクや車載用燃料電池システムのほか、定置用電源向けの燃料電池システムも手掛ける。ボルボグループとの合弁会社設立に合わせて、ダイムラーはMercedes-Benz Fuel Cellの業務をダイムラートラックに移管した。

 ダイムラートラック傘下の三菱ふそうトラック・バスは、新会社と緊密に連携して日本でも2020年代末までに燃料電池商用車を発売する。三菱ふそうトラック・バスは、電動小型トラック「eCanter」をすでに販売しており、直近では燃料電池小型トラックのコンセプト「eCanter F-CELL」を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.