ニュース
» 2020年04月27日 15時00分 公開

医療機器ニュース:医療用カメラ向け超小型情報伝送用半導体の新製品を発売

ザインエレクトロニクスは、医療用カメラ向け超小型情報伝送用半導体の新製品「THCV243」の量産を開始した。2Mピクセル60フレームの映像を1本のケーブルで伝送できる。

[MONOist]

 ザインエレクトロニクスは2020年3月31日、医療用カメラ向け超小型情報伝送用半導体の新製品「THCV243」の量産を開始したと発表した。

 同社独自の情報伝送技術「V-by-One HS」を活用し、4レーンのMIPI CSI-2信号を束ねて、1レーンのV-by-One HS信号へと変換する。同技術は伝送速度が4Gビット/秒で、非圧縮2Mピクセル60フレームの映像データを1本のケーブルで長距離伝送できる。

キャプション 超小型情報伝送用半導体「THCV243」 出典:ザインエレクトロニクス

 パッケージは2.1×2.9mmと、従来の類似性能の超小型半導体と比べて約4分の1まで小型化。医療カメラ以外にも、ウェアラブル機器やロボットなど小型カメラアプリケーションが必要とされる場で利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.