ニュース
» 2020年04月28日 13時00分 公開

工場ニュース:三菱電機が社内向けにフェイスガードを生産開始、5月中旬から

三菱電機は2020年4月24日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として社内向けにフェイスガードの自社生産を行うと発表した。加えて、医療機関向けに約1億円の寄付とN95マスク(約10万枚)および消毒液の寄付を行う。

[MONOist]

 三菱電機は2020年4月24日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として社内向けにフェイスガードの自社生産を行うと発表した。加えて、医療機関向けに約1億円の寄付とN95マスク(約10万枚)および消毒液の寄付を行う。

 フェイスガードの生産は、三菱電機の開発、生産拠点である兵庫県尼崎市の生産技術センターと、愛知県名古屋市の名古屋製作所で行う。2020年5月中旬から生産を開始し、順次生産能力の増強を進めていく。

 基本的には自社内の生産現場での使用を目的としており、自給自足により外部調達量を削減し市場の安定化に貢献する。医療用ではないが、今後は必要とされる企業や団体への提供も進めていく計画だとしている。

≫特集「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.