ニュース
» 2020年05月01日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:CASE、MaaS時代の新たなソリューション確立を目指して資本業務提携

ウフルと豊田合成は、資本業務提携を発表した。豊田合成の「e-Rubber」を通じて得られる各種データを活用し、製品やサービスの価値向上を図るなど、CASEやMaaS時代に対応する新たなソリューションおよびサービスの確立を目指す。

[MONOist]

 ウフルは2020年4月8日、豊田合成と資本業務提携をしたと発表した。両社が協業することで、新たなソリューションやサービスを確立していく。

 豊田合成は、トヨタグループの高分子分野専門メーカーで、ゴムや樹脂といった自動車部品などを開発、生産している。近年は、新領域での事業化やCASE(Connected:つながるクルマ、Autonomous:自動運転、Shared:カーシェア、Electric:電動化)に対応した新技術、製品開発も進めている。

 ウフルは、IoTサービスのベンチャー企業。クラウド領域で手掛けた多くのプロジェクトに加え、近年はIoT(モノのインターネット)領域にも参入し、約100件のIoTプロジェクトの実績を持つ。

 今回の提携では、「e-Rubber(電気で動く次世代ゴム)」などの最先端技術を持つ豊田合成と、IoT、AI(人工知能)、データビジネスに知見、知財を持つウフルが協力し、CASEやMaaS(Mobility as a Service)時代に対応する新たなソリューション、サービスの確立を目指す。

 例えば、e-Rubberを通じて得られる各種データを活用し、製品やサービスの価値向上を図る。また、新たな収益モデルによる共同事業も推進していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.