エッジコンピューティングの逆襲 特集
ニュース
» 2020年05月07日 07時00分 公開

FAニュース:AI関連機能を搭載したレコーダー、エッジコンピューティング基盤として展開

横河電機は、AI関連機能を搭載したデータ収集制御システム「SMARTDAC+」のペーパレスレコーダーとデータロギングソフトウェア、エッジコンピューティングプラットフォームを発売する。

[MONOist]

 横河電機は2020年4月7日、AI(人工知能)関連機能を搭載したデータ収集制御システム「SMARTDAC+」のペーパレスレコーダーとデータロギングソフトウェア、エッジコンピューティングプラットフォームを発表した。工場内の問題の発生防止や、生産効率向上に貢献する。

 今回発売するのは、SMARTDAC+のパネルマウントタイプペーパレスレコーダー「GX」シリーズ、ポータブルタイプペーパレスレコーダー「GP」シリーズ、データロギングソフトウェア「GA10」、Python(パイソン)対応のモジュールを追加したエッジコンピューティングプラットフォーム「e-RT3 Plus」となる。生産現場や開発現場などで使用されるレコーダーやデータロギングソフトウェア、コントローラーに、AI関連機能を搭載した。

キャプション 左上から、データロギングソフトウェア「GA10」、エッジコンピューティングプラットフォーム「e-RT3 Plus」、ペーパレスレコーダー「GX」「GP」シリーズ 出典:横河電機

 GX/GPシリーズには、AIで予測波形をリアルタイムに描画する、未来ペン機能を搭載する。未来のある時点までの予測波形を示すことで、アラーム発生の可能性を確認できる。これにより、問題発生以前に対応を考えられる。

 GA10は、収集したデータから、設備が正常に稼働している際の正常値を機械学習する。動きが異なる事象が起こると違和感として検知し、黄色い枠で監視画面を囲んでハイライトすることで知らせる。これまで熟練運転員しか感じとれなかった違和感が検知可能になるため、故障前に保守でき、生産活動への影響を最小限に抑えられる。異常値を収集する必要もない。

 e-RT3 Plusは、各種装置に組み込んで制御するコントローラーで、新たにプログラミング言語のPythonに対応するCPUモジュールを発売する。AIを活用した予兆診断の機能を実装する際などに、Pythonのソフトウェアライブラリを活用でき、開発期間を大幅に短縮する。また、優れた耐環境性能を備え、従来のIO(入出力)モジュールにも接続でき、1台で開発から実装、運用まで完結する。

 このCPUモジュールを搭載したe-RT3 Plusは、AI活用に適したエッジコンピューティングプラットフォームとして、AIの導入をサポートする。汎用OSのLinux Ubuntuに対応しており、自由度の高い運用ができる。

 発売は、GX/GPシリーズ、e-RT3 Plusが同年4月8日、GA10が同年5月13日となる。なお、SMARTDAC+はデータ収集製品「OpreX Data Acquisition」、e-RT3 Plusはコントローラー「OpreX Control Devices」の新製品となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.