ニュース
» 2020年05月07日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:地方における5Gネットワーク早期整備のための合弁会社設立

KDDIとソフトバンクは、地方における第5世代移動通信システムネットワークの早期整備を推進するため、合弁会社「株式会社5G JAPAN」を2020年4月1日に共同で設立した。

[MONOist]

 KDDIは2020年4月1日、地方における第5世代移動通信システム(5G)ネットワークの早期整備を推進するため、ソフトバンクと共同で合弁会社を設立したと発表した。

 新会社の社名は「株式会社5G JAPAN」で、5G基地局の工事設計や施工管理業務を担う。KDDIおよびソフトバンクが保有する基地局資産を効率的に相互利用するインフラシェアリングを推進することで、地方における5Gネットワークの展開を加速させる。

 本社は東京都港区に置く。資本金は5億円で、出資比率はKDDI、ソフトバンクがそれぞれ50%ずつとなる。

 新会社では、KDDIとソフトバンク両社のビジョンの下、さまざまな産業をカバーする5Gネットワークを早期に整備し、日本の産業や地方の国際競争力向上を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.