ニュース
» 2020年05月08日 12時00分 公開

3Dプリンタニュース:キングジムが大阪大学のフェイスシールド無償配布プロジェクトを支援

キングジムは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する医療現場支援として大阪大学が取り組むフェイスシールドの無償配布活動に賛同し、同社のクリアファイルを無償提供したことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 キングジムは2020年5月7日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する医療現場支援として大阪大学が取り組むフェイスシールドの無償配布活動に賛同し、同社のクリアファイル(ユーズナブル クリアーホルダー 高透明タイプ/品番:733US)を無償提供したことを発表した。

 大阪大学は、メガネフレームメーカーのシャルマン(福井県鯖江市)との産学連携により、一般的なクリアファイルを用いた安価なフェイスシールドを開発。3Dプリンタで造形可能なフレーム部の3Dデータを無償公開するとともに、大量生産と無償配布の実現に向けたクラウドファンディングプロジェクトを実施している。

 キングジムは、これら活動の主体である大阪大学に対して、フェイスシールドのシールド部分に活用可能な高透明のクリアファイルを無償提供することで活動を支援し、COVID-19の感染拡大の影響で逼迫(ひっぱく)する医療現場の状況改善に貢献する考えを示す。

⇒ 特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.