ニュース
» 2020年05月11日 09時00分 公開

製造ITニュース:国内IoT市場予測、2024年には12兆6000億規模に

IDC Japanは、国内IoT市場について、産業分野別予測とユースケース別の分析結果を発表した。国内IoT市場のユーザー支出額は、2019年から2024年まで年間平均成長率12.1%で成長し、2024年には12兆6363億円に達すると見込んでいる。

[MONOist]

 IDC Japanは2020年4月15日、国内IoT(モノのインターネット)市場について、産業分野別予測とユースケース別の分析結果を発表した。国内IoT市場のユーザー支出額は、2019年実績(見込値)で7兆1537億円。その後2024年まで年間平均成長率(CAGR)12.1%で成長し、2024年には12兆6363億円に達すると見込んでいる。

キャプション 国内IoT市場 支出額および前年比成長率予測、2019年〜2024年 出典:IDC Japan

 個人消費以外の産業別の支出額は、組み立て製造、プロセス製造、官公庁、公共および公益、小売、運輸が多い。

 製造業は国内GDPでの比率が高く、国策として製造業でのIT、IoT活用を推進していることが支出額の大きさに関連している。

 また、各産業の支出額増加の要因として、社会インフラの老朽化対策や交通システムの高度化、スマートグリッド関連の支出の増加、サプライチェーンを横断してIoTが広く活用されるようになってきたことなどが挙げられる。

 同社では、産業分野に加え、今後は個人消費によるIoT支出額が大きく伸張し、家電やオートメーションのスマートホーム用途は、2024年には組み立て製造に次ぐ市場になると予測している。

 その他のユースケースとして、農業フィールド監視や小売店舗内のレコメンド、院内クリニカルケア、スマートグリッドおよびスマートメーター、EV充電設備管理、テレマティクス保険などでも、2024年までにCAGR20%前後での高成長が見込まれている。

キャプション 国内IoT市場 ユースケース別 2019年の支出額および2019年〜2024年の年間平均成長率(CAGR)予測 出典:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.