ニュース
» 2020年05月11日 08時30分 公開

工場ニュース:ソニーが人工呼吸器の生産を受託、9月中に500台を生産へ

ソニーは2020年5月8日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の医療支援策として、医療用フェイスシールドの製造と、人工呼吸器の生産支援を行うことを発表した。

[MONOist]

 ソニーは2020年5月8日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の医療支援策として、医療用フェイスシールドの製造と、人工呼吸器の生産支援を行うことを発表した。

photo 生産する医療用フェイスシールド(左)とアコマ医科工業の成人用人工呼吸器「ART-21EX」(右) 出典:ソニー

 医療用フェイスシールドについては、メディカル部門で手掛けている医療用3Dモニター用のアイシールドをフレーム部に流用する形で、製造を開始した。エムスリーと連携し、同社の運営する医療従事者向けWebサイトで2020年5月8日から全国の医療機関からの応募を募る。同年5月中旬以降は毎週約5000セット(フレーム約5000本、シールド約5万枚)を寄贈し合計約4万セットを配布する。

 人工呼吸器については、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズにおいて生産支援を行う。アコマ医科工業と提携し、同社が開発・設計した人工呼吸器の生産を受託する。2020年7月から量産を開始し、9月中に500台を生産する計画である。この人工呼吸器の生産支援は日本政府の呼びかけに応じたもので、今後も状況に応じて、他の人工呼吸器メーカーからの生産受託の可能性を検討するという。

⇒ 特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.