ニュース
» 2020年05月13日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:アスリートの眼を守る3Dプリンタ製アイガード、Carbonが実現に貢献

アスリート向けアイウェアブランド「SWANS」などを展開する山本光学は、「世界初」(同社)をうたう3Dプリンタ製アイガード「GUARDIAN-Fit」を、2020年6月1日から販売開始する。

[八木沢篤,MONOist]

 アスリート向けアイウェアブランド「SWANS(スワンズ)」などを展開する山本光学は2020年5月12日、「世界初」(同社)をうたう3Dプリンタ製アイガード「GUARDIAN-Fit(ガーディアン・フィット)」を、同年6月1日から販売開始すると発表した。併せて、バレーボール Vリーグの女子チーム「デンソーエアリービーズ」所属の鍋谷友理枝選手とSWANSアドバイザリースタッフ契約を締結した。

【左】山本光学 代表取締役社長 山本直之氏と、【右】鍋谷友理枝選手 【左】山本光学 代表取締役社長 山本直之氏と、【右】鍋谷友理枝選手 ※出典:山本光学 [クリックで拡大]

 GUARDIAN-Fitの開発のきっかけは、代表合宿中に顔面にスパイクを受けて右眼を負傷した鍋谷選手が、プレー中の眼を保護するSWANSブランドの「アイガード」を購入するため、同社の直営店を訪れたことに始まる。実際にアイガードを使用した鍋谷選手からのフィードバックを受け、同社はトップアスリートのさまざまな要求を満たすためにはより進化した製品が必要と判断。鍋谷選手からのアドバイスを参考に、「視界の広さ」「通気性に優れた独自形状」「安全性とフィット感」などを重視し、鍋谷選手の顔の3Dデータ計測を行うなど、新たなアイガードの開発をスタートさせた。

 しかし、挙げられた要求の中には従来の金型による製造方法では実現が困難なものもあり、製品開発と並行して、最適な実現方法を模索する中、Carbonの3Dプリンタであれば要求する機能や性能を実現できると判断。こうして開発されたGUARDIAN-Fitは、2mの至近距離から時速160kmの野球の硬球が衝突してもレンズが外れず破損しない高い安全性、3Dプリンタだからこそ実現できた優れたフィット感と通気性を併せ持つフレーム、裸眼と同等の広い視界など、トップアスリートからの要求に応えられる製品に仕上がったという。

3Dプリンタ製アイガード「GUARDIAN-Fit(ガーディアン・フィット)」 3Dプリンタ製アイガード「GUARDIAN-Fit(ガーディアン・フィット)」 ※出典:山本光学 [クリックで拡大]

 GUARDIAN-Fitは、SWANS直営店および公式ECサイトから購入可能。販売価格(税別)は3万2000円で、初回数量限定での販売となる。カラーはブラックのみで、S/M/Lの3サイズで展開する。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.