ニュース
» 2020年05月15日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:3Dプリンタでウイルスの飛沫感染を予防するフェイスシールドを製作

つくば市は、市内のスタートアップと連携し、新型コロナウイルスの飛沫感染を予防するフェイスシールドを3Dプリンタで製作した。3Dプリンタの活用により、フェイスシールドを必要とする医療機関に迅速に納品した。

[MONOist]

 つくば市は2020年4月23日、市内のスタートアップと連携し、新型コロナウイルスの飛沫感染を予防するフェイスシールドを3Dプリンタで製作したと発表した。

キャプション フェイスシールド装着時(クリックで拡大) 出典:つくば市

 製作用の資材は同市が提供し、revot(レボット)が製作を担当。第1回の打ち合わせを同月16日午前中に実施後、同日午後に試作品1号を作った。型や素材は、医療現場の意見も聞きながら複数の中から適したものを選んでいる。その後の打ち合わせを経て、同月22日に医療機関へ85個を納品した。3Dプリンタの活用により、迅速に納品できたという。

キャプション 3Dプリンタで製作したフェイスシールド(クリックで拡大) 出典:つくば市

 今回のプロジェクトは、産業技術総合研究所上級主任研究員 小田啓邦氏が提案した。3Dプリントに関しては神奈川大学准教授の道用大介氏が考案したモデルを活用している。

 同市では、これまでも医療機関などへのヒヤリングを通して、必要な防護資材を提供してきた。今後もさまざまな方策を講じて不足物資を必要な現場へ届ける。

キャプション 同市職員による検品、消毒作業(クリックで拡大) 出典:つくば市

⇒ 特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.