ニュース
» 2020年05月18日 13時00分 公開

メカ設計ニュース:グラフィックスプロセッサ市場の調査レポートを発売

グローバルインフォメーションは、Mordor Intelligence LLPが発行する市場調査レポート「グラフィックプロセッサー市場—成長、傾向、予測」の販売を開始した。同レポートでは、今後5年間の同市場が、CAGR33.35%で成長すると予測している。

[MONOist]

 グローバルインフォメーションは2020年4月22日、Mordor Intelligence LLPが発行する市場調査レポート「グラフィックプロセッサー市場—成長、傾向、予測」の販売を開始した。価格の一例として、シングルユーザーライセンスでPDFファイルを電子メール送付した場合、約46万190円となる(税別)。購入検討用として無料サンプルを提供している。

 同レポートは、グラフィックスプロセッサの世界市場や地域別の市場動向、市場規模の推移と予測などの調査結果をまとめたものだ。レポートによると、グラフィックスプロセッサ市場は、2020年から2025年まで、年平均成長率(CAGR)33.35%で成長すると見込まれる。

 消費者の動向から見ると、タブレットやスマートフォン、ノートPCに対する支出が増えていることから、ゲームアプリケーションで高度な視覚効果を発揮するグラフィックスプロセッサの需要が高まっていると考えられる。

 また、グラフィックスプロセッサ市場の成長を促進する要因として、製造、自動車、不動産、ヘルスケア業界などで、高精細グラフィックスアプリケーションと3Dコンテンツをサポートするプロセッサの利用増加が挙げられる。例えば、CADやシミュレーションソフトウェアは、GPU(Graphics Processing Unit)を活用してリアルな画像やアニメーションを作成できるため、自動車の製造、設計に役立てられている。

 その他、スマートフォンなど、大規模なグラフィックスプロセッサを組み込んでいる携帯型デバイスの普及に伴い、空間データや地理データをリアルタイムで提供するアプリケーションの利用が増加している。このことから、近年存在感を増している地理情報システム(GIS)や没入型マルチメディアは、グラフィックス処理市場の成長に大きく関わっていると言える。

 ゲーム用ハードウェア市場は、商業用から家庭用まで多様なプラットフォームがある。ゲーム環境はバーチャルリアリティが復活し、ゲーム向けAR(拡張現実)の導入によってさらに拡大している。中国、日本、シンガポール、インドなどアジア太平地域の国々では、ゲームアプリに対する需要が高まっており、同地域でのグラフィックスプロセッサ市場拡大が見込まれる。

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.