ニュース
» 2020年05月18日 09時00分 公開

製造ITニュース:異なるシステム間を連携し、人とシステムの対話で業務を効率化するツール

ウイングアーク1stは、コミュニケーションツール「DEJIREN」を発売した。異なるシステムやサービスの連携をプログラミングなしで自動化し、人がシステムに依頼して必要なデータの要求や処理を実行するなど、業務効率化に貢献する。

[MONOist]

 ウイングアーク1stは2020年4月15日、異なるシステムやサービスを連携して、業務を効率化するコミュニケーションツール「DEJIREN」を発売した。

 DEJIRENは、同社のレポーテイングプラットホーム「MOTION BOARD」など、多くのシステムやクラウドサービスをAPIで連携する「コネクター」、各種チャットツールを介してユーザーとコミュニケーションを取る「ボット」、複数のシステムやサービス間の連携をプログラミングなしで自動化する「アクションフロー」で構成される。

キャプション 連携構成図(クリックで拡大) 出典:ウイングアーク1st
キャプション アクションフローの設計画面(クリックで拡大) 出典:ウイングアーク1st

 また、「ボット」は人と人だけでなく、人とシステムとのコミュニケーションが可能だ。必要なデータや処理を要求し、回答を依頼すると、複数システムに関わる情報を組み合わせてリアルタイムに提示するなど、個人やチームの迅速な状況判断の助けとなり、業務を効率化する。

キャプション DEJIRENアプリ画面(スマートフォン) 出典:ウイングアーク1st

 対応OSはiOSとWindows。価格は初期費用が10万円、基本ライセンス料金が10ユーザーで月額7000円だ。料金にはブリッジサービス1件と3つのアクションフロー、100Gバイトのデータストレージが含まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.