ニュース
» 2020年05月19日 15時00分 公開

医療機器ニュース:消毒のしやすさにこだわった医療機関向け電子体温計を発売

テルモは、消毒のしやすさにこだわり、感染管理に配慮した脇下測定電子体温計「テルモ電子体温計C207」「テルモ電子体温計C217」を開発し、医療機関向けに販売を開始した。

[MONOist]

 テルモは2020年5月12日、消毒のしやすさにこだわり、感染管理に配慮した脇下測定電子体温計「テルモ電子体温計C207」「テルモ電子体温計C217」を開発し、医療機関向けに販売を開始した。希望小売価格は2850円(税別)だ。

 開発した体温計の収納ケース「ふきとるんケース」は開口式のため、拭き取りが容易で汚れも視認しやすい。ケースに加えて体温計本体も清拭、浸水消毒が可能だ。また、使用できる消毒液は、消毒用アルコール、クロルヘキシジンゴルコン酸塩、ベンザルコニウム塩化物、次亜塩素酸ナトリウム、グルタラールと拡充した。

キャプション 「ふきとるんケース」収納イメージ 出典:テルモ
キャプション 「ふきとるんケース」を清拭する様子 出典:テルモ

 C217は、通信機能付き測定機器シリーズ「HRジョイント」対応タイプで、重量約14gと、これまでのHRジョイント対応タイプ「テルモ電子体温計C215」と比べて約半分の重さに軽量化した。検温時間はおおよそ約25〜40秒だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.