ニュース
» 2020年05月20日 09時00分 公開

製造ITニュース:製造業の技術文書活用、図面認識などを効率化するAIを提供開始

電通国際情報サービスは、技術文書活用、図面識別、AIモデル開発自動化の3分野でAIを活用した製品を開発し、2020年5月から提供開始する。

[MONOist]

 電通国際情報サービスは2020年4月23日、技術文書活用、図面識別、AI(人工知能)モデル開発自動化の3分野でAIを活用した製品を開発し、同年5月から提供開始すると発表した。

 新たに提供するのは、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するAIソリューション「TexAIntelligence(テクサインテリジェンス)」「DiCA(ディーカ)」「OpTApf(オプタピーエフ)」の3製品だ。

 TexAIntelligenceは、製造業を対象に提供。社内の大量の技術文書をAIが学習し、文書の分類や要約、検索など、これまでエキスパートが担っていた作業をAIが代替する。従来よりも高速かつ正確に、それらを実施できるようにする。

 同じく製造業向けのDiCAは、紙図面上に記載された各種数値や文字列、特殊記号をAIが識別してデータ化する。設計出図情報や製造要件の確認、紙図面の電子化など、従来は人手で行われた作業を削減する。

 OpTApfは、全業種向けの製品となる。Microsoftが提供する機械学習サービス「Azure Machine Learning」を用いて、数千種類のAIモデルを3ステップで開発する仕組みを提供する。AIの開発から運用までを円滑に進めるためのML Opsの概念を採用し、AIの専門知識がなくても精度の高いAIモデルの構築、運用が可能になる。

 利用料金は、TexAIntelligenceが月額70万円から、DiCAが月額50万円から、OpTApfが月額40万円から(各税別)。同社は、3年間で3製品合計100社以上の導入を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.