ニュース
» 2020年05月20日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:富士工業が3Dプリンタでフェイスシールドを生産、行政・医療現場へ寄付

富士工業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に取り組む行政や医療現場を支援すべく、フェイスシールドを生産し、提供開始したことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 富士工業は2020年5月18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に取り組む行政や医療現場を支援すべく、フェイスシールドを生産し、提供開始したことを発表した。

相模野病院へフェイスシールドを寄付した際の様子 相模野病院へフェイスシールドを寄付した際の様子[クリックで拡大] ※出典:富士工業
神奈川大学 経営学部 准教授の道用大介氏が設計した「DOYO model」を活用した フェイスシールドのフレーム部は、神奈川大学 経営学部 准教授の道用大介氏が設計した「DOYO model」を活用した[クリックで拡大] ※出典:富士工業

 同社は、COVID-19の感染拡大に伴う深刻な防護具不足を受けて、3Dプリンタを活用したフェイスシールドの生産に着手。同社事業所周辺にある、みはら医院(神奈川県相模原市)、相模野病院(神奈川県相模原市)、中島村役場(福島県西白河郡)に対して寄付を開始した。今後も順次生産を進め、提供を行っていく計画だという。

 3Dプリンタで生産するフェイスシールドのフレーム部は、神奈川大学 経営学部 准教授の道用大介氏が設計した「DOYO model」を基にしている。DOYO modelは、オープンソースのフェイスシールドとしてGitHub上で公開されている。身近にあるクリアファイルをシールドとして利用できる。

⇒ 特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.