連載
» 2020年05月20日 08時00分 公開

知財ニュース:AIを活用した世界中の特許文献の一括検索システム、特許庁が特許取得

特許庁は2020年5月11日、世界中の特許文献を検索できるシステムとその管理ツール「アドパス」の特許権を取得したと発表した。効率的で高品質な特許審査の実現につながる可能性。

[池谷翼,MONOist]

 特許庁は2020年5月11日、AI(人工知能)を活用して世界中の特許文献を検索できるシステムとその管理システムの組み合わせである「アドパス(ADPAS)」を開発し、その特許権を取得したと発表した。

 特許審査の過程では世界中の特許文献を調査する必要があるため、あらかじめ世界中の特許文献をデータベースに蓄積して、常に最新の特許文献を検索できる状態にしておかなければならない。しかし、特許文献のデータ構造および発明内容に応じて各特許出願に付与されるインデックスである特許分類は国や地域によって形式も言語もばらばらだ。このため特許文献の検索システムを構築するには、データベースに格納する特許文献の内容をあらかじめ一定の形式に変換しておかなければならないなど、一定の手間がかかる。

 こうした課題に対応するために特許庁が開発したのがアドパスだ。AI技術によって世界中の特許文献をユーザーが希望する言語や特許分類で一括検索できる。例えば言語を「日本語」、特許分類の種類を日本独自の「FI(File Index)」で指定すれば、その通りの検索結果が返ってくる。アドパスを適切に運用することで、効率的かつ高品質な特許審査の実現につながる可能性がある。

 なお現在、特許庁はアドパスの商標も出願しており、今後審査が行われる見込みという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.