ニュース
» 2020年05月25日 09時00分 公開

製造ITニュース:RPAとIoTで機器情報を自動収集するソリューション、感染症対策にも活用

UiPathとIoT-EXは、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の特定やIoT機器制御を可能にするソリューション「Proximity Automation」を共同開発した。従来ヒアリングなどで時間を要していた濃厚接触者候補の特定が、数分程度で実施できる。

[MONOist]

 UiPathは2020年4月28日、IoT-EXと共同で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の特定や、IoT(モノのインターネット)機器制御を可能にするソリューション「Proximity Automation」を開発したと発表した。

 同ソリューションの開発には、UiPathのPRA技術とIoT-EXのIoT相互接続サービスを組み合わせた。IoT-EXが、IoTルーター「Base Station」を親機とし、従業員が持つスマートフォン(子機)が近づくと、それぞれのUUIDとその距離情報を収集する「beaconデータ収集システム」を開発。このシステムを、さまざまなサービスやシステムと接続できる「IoT-HUB」に接続した。

 また、IoT-HUBにUiPathのPRAプラットフォーム「UiPath」を接続することで、機器の制御や人への通知をリモートもしくは自動化できるようにした。

 具体的には、感染が発覚した従業員が事前に決めておいた連絡方法で会社に報告すると、RPAのソフトウェアロボットが対象従業員の情報をIoT-HUB上で検索し、特定する。オフィス内の親機とその圏内で検出された子機データから、対象従業員と接触した可能性の高い従業員の一覧を自動作成する。これにより、従来ヒアリングなどで時間を要していた濃厚接触者候補の特定が、数分程度で済むようになる。

 IoT-HUBには、環境センサーなどの情報を収集する「センサー情報収集システム」や「IoT機器制御システム」も接続できる。センサー類の情報はLPWAによる収集方式にも対応できるため、移動中や屋外のIoT機器の制御も可能だ。同社は、感染症対策だけでなく、企業の事業継続計画対策にも利用できるとしている。

キャプション ソリューションの概要図(クリックで拡大) 出典:UiPath

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.