ニュース
» 2020年05月27日 07時00分 公開

FAニュース:火花や化学薬品から産業用ロボットを守るロボット用保護カバー、過酷作業で活用

キャプテンインダストリーズは、産業用ロボットを過酷な動作環境から保護するロボット用保護カバー「ロボスーツ」の国内販売を開始した。飛び散る火花や塗料、化学薬品など多種多様な飛散物に長時間耐え、産業用ロボットを保護する。

[MONOist]

 キャプテンインダストリーズは2020年4月24日、産業用ロボットを過酷な動作環境から保護するロボット用保護カバー「ロボスーツ」の国内販売を開始した。価格は公開していない。

 ロボスーツは、アメリカのロボワールドが開発。最大放射温度は約350℃で、飛散する塗料や鉄くず、ブラスト材、スパッタ、クーラント、化学薬品など多種多様な飛散物に長時間耐え、産業用ロボットを保護する。

 ロボットを守りながらも、ロボットのさまざまな動作を妨げない専用カバーになっている。ベーススカート、ベーススカートリング、ベースカバー、下腕上腕およびそのリング、手首、リストリングなど多数の部品から構成されている。

 ロボスーツのベースは有名メーカー製ロボットの型番を用いているが、ユーザーの要望を反映させたオーダーメイドデザインとなる。カラーはイエロー、ブルー、ホワイト、ブラックなど各色に対応できる。

キャプション ロボスーツ導入事例(表面仕上げ) 出典:キャプテンインダストリーズ
キャプション ロボスーツ導入事例(塗装ブース) 出典:キャプテンインダストリーズ

 キャプテンインダストリーズは、自動車メーカーなど産業用ロボットを導入している製造業をターゲットとして、初年度2000体の販売を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.