ニュース
» 2020年05月27日 09時00分 公開

製造IT導入事例:トーヨータイヤ、ゴム材料開発に機械学習とデータマイニングソリューションを採用

TOYO TIREは、SAS Institute Japanのデータマイニングおよび機械学習ソリューション「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」「SAS Optimization」を採用した。

[MONOist]

 SAS Institute Japan(SAS)は2020年4月28日、同社のデータマイニングおよび機械学習ソリューション「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」「SAS Optimization」を、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)が採用したと発表した。ゴム材料の特性予測技術や材料構造の最適化技術開発に活用し、材料開発期間の短縮を図った。

 TOYO TIREでは、材料設計基盤技術「Nano Balance Technology」により、材料をナノ(分子)レベルで観察、予測、機能創造、精密制御することで理想的なゴム材料を開発している。

 このNano Balance Technologyを使った材料開発において、技術者の経験値と実験の高度化を模索しており、最大限有効に保有データを活用できる環境を整備。これにSASのマテリアルズインフォマティクス(MI)を適用することで、技術開発の加速と高度化を図った。

 これまでの材料開発プロセスでは、研究者の材料調査から仮説を立案して実験シミュレーションをしていたが、SASのMI導入により、ゴム材料に関する情報をデータ化。SASのAI(人工知能)やビッグデータ解析技術を適用し、材料機能の予測や新材料、代替材料の探索を効率化した。これにより、材料開発期間の短縮に成功した。

 それらの結果もデータとして蓄積され、次の材料開発に活用できる予測モデルやデータ基盤を構成した。併せて、業務の標準化や開発人材の育成、モデルの高度化などを継続的かつ組織的に取り組める環境も整ったとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.