ニュース
» 2020年05月27日 14時00分 公開

車載ソフトウェア:音声認識やコネクティビティを強化した車載Linuxの最新版

Linux Foundationの車載向けオープンソースプロジェクトであるAGLは、AGLプラットフォームの最新版「UCB 9.0」を発表した。音声認識やコネクティビティ、セキュリティなどの機能を強化している。

[MONOist]

 Linux Foundationの車載向けオープンソースプロジェクトであるAutomotive Grade Linux(AGL)は2020年4月22日、AGLプラットフォームの最新版「Unified Code Base(UCB)9.0」を発表した。音声認識やコネクティビティ、セキュリティなどの機能を強化している。

 AGL UCBは、車載インフォテインメント(IVI)、テレマティクス、インストルメントクラスタ向けのオープンソースソフトウェアプラットフォーム。最新版のUCB9.0は、OS、ミドルウェア、アプリケーションフレームワークを含む。コードネームは「Itchy Icefish」だ。

 UCB9.0では、ファイルシステムを管理するOSTree(SOTA)のアップデート、Token Logicベースのセキュリティの実装、音声認識、オーディオ、コネクティビティなどの機能を強化している。また、HTML5アプリケーションの性能を改善。HTMLデモアプリがホームスクリーンやランチャーなどから利用可能になった。

 インストルメントクラスタについても、QMLレファレンスアプリケーションによってIVIとステアリングホイールコントロール間の通信機能を強化。さらに、ボードサポートパッケージ(BSP)を最新版に更新し「Raspberry Pi 4」のサポートも強化した。

 既に、トヨタ自動車など多くのAGLメンバー企業がUCBを採用し、生産計画に組み込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.