ニュース
» 2020年05月28日 14時00分 公開

ウェアラブルニュース:遠隔作業支援サービスに、高耐久性の国産ARスマートグラスが対応

オプティムの遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」に、サン電子の国産ARスマートグラス「AceReal One」が対応した。迅速で的確な遠隔作業支援と耐久性の高いウェアラブルデバイスの連携により、屋内外のフィールド作業改善を支援する。

[MONOist]

 オプティムは2020年4月24日、同社の遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」に、サン電子の国産AR(拡張現実)スマートグラス「AceReal One」が対応したと発表した。

キャプション ARスマートグラス「AceReal One」が遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」に対応(クリックで拡大) 出典:オプティム

 Optimal Second Sightは、作業員がスマートグラスやスマートフォン、タブレットを通して見ている現場の映像を、離れた場所にいる指示者とリアルタイムで共有できるサービスだ。

 指示者は、オプティムが開発した基本特許技術「Overlay technology」の赤ペン機能や指差し機能を用いて、画像上で作業を指示する。また、図面資料やURLを作業者に送信して、指示者と作業者間で情報を共有できる。映像や音声をMPEG-4形式で録画することも可能だ。

 AceReal Oneは、産業用ヘルメットに装着する国産の両眼スマートグラス。視界を遮らない設計とクリアレンズを特徴とする。防塵(じん)防滴規格(IP54準拠)に対応し、気温40℃の環境でも動作するため、粉じんの舞う現場や工場設備内など屋内外のフィールド作業に適している。

キャプション ARスマートグラス「AceReal One」 出典:オプティム

 マルチデバイスに対応するOptimal Second Sightと、屋内外の現場で利用可能なAceReal Oneが連携することで、現場や用途を限定せず、迅速で的確な遠隔作業が可能になる。

 オプティムとサン電子は、両社のサービスと製品を通じて、製造、建設、土木、医療ICT、介護、福祉、教育ICT、物流、公共など、さまざまな分野で、人員の安全確保や効率的な配置を可能にし、企業のBCP(事業継続計画)対策を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.