連載
» 2020年05月29日 13時00分 公開

メカ設計用語辞典:ダイカスト

メカ設計者のための用語辞典。今回は「ダイカスト」について解説する。

[小林由美,MONOist]

ダイカスト

 「ダイカスト(ダイキャスト)」は金属鋳造の手法の一種で、金属部品の大量生産技術である。ダイカスト製の部品は自動車で最も多く使用されるが、他にも家電、事務機器、日用品や雑貨と幅広く使われている。また、板金部品を代替する際にも用いられる。

 ダイカストは「溶湯」という溶融した金属を金型に圧入した後、冷却して固化して成形する。英語では「Die Casting」という。ダイカストでは非鉄合金を用いる。亜鉛やアルミニウム、マグネシウムの合金がよく使われる。

 ダイカストは複雑な形状の部品製作に向いており、表面は美しく仕上がり、寸法精度が高く、しかも生産力が高い。大量かつ低コストに金属部品が量産できる。個々の部品は低コストになるが、金型費用が高価であるため初期投資費用が高額になる。また、部品内部に巣(引け巣:微小な空洞のこと)が生じやすく、それが原因で部品の破断などにつながる恐れもある。

 ダイカスト部品の設計においては、鋳造に適した形状にする。平たん部を広くもうけ過ぎずに適度にリブを配置し、肉厚部を設けないように肉抜きし、全体的になるべく薄く均等な肉厚で形状設計することが望ましいとされる。最適な肉厚は部品のサイズや採用する金属などにより異なる。ダイカストの製造性については、CAEによるシミュレーションが行われることもある。

 ダイカストは1843年に米国で発明された、活版印刷の活字(字型)を鋳造するための技術が起源である。日本国内で工業用品の製造技術として使われるようになったのは、1900年初頭(明治時代)からであり、太平洋戦争中には軍需品供給で使われた。JIS(日本工業規格)でダイカストに関する規格ができたのは1952年である。戦後には、自動車業界などを中心にダイカストによる部品製造が高度に発展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.