ニュース
» 2020年06月01日 08時30分 公開

製造マネジメントニュース:シャープが液晶パネルとカメラモジュール事業を分社化、外部資金獲得を視野に

シャープは2020年5月29日、液晶パネルを中心としたディスプレイデバイス事業と、センサーデバイスやカメラデバイスを中心としたカメラモジュール事業を分社化すると発表した。

[MONOist]

 シャープは2020年5月29日、液晶パネルを中心としたディスプレイデバイス事業と、センサーデバイスやカメラデバイスを中心としたカメラモジュール事業を分社化すると発表した。

 分社化により、経営責任を明確化するとともに、他社からの出資による外部資金の獲得を目指す。これにより、変化の激しい事業環境に迅速に対応できるスピーディーな意思決定と継続的な設備投資を行える体制を作り、競争力の強化を図る。

 分社化の方式は、完全子会社への吸収分割によるものとする。2021年3月期(2020年度)中に分社化を実施する計画だが、承継する資産などの内容、分割の時期、承継会社の名称などは決まっていないという。ディスプレイデバイス事業の2020年3月期の売上高は6514億円で、カメラモジュール事業の売上高は3334億円となっている。

photo シャープが2019年11月に発表した4Kフレキシブル有機ELディスプレイ(クリックで拡大)出典:シャープ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.