ニュース
» 2020年06月03日 07時00分 公開

工場ニュース:需要拡大が見込まれる触媒担体保持、シール材の新たな生産拠点を中国に設立

イビデンは、中国江蘇省に触媒担体保持、シール材の新たな生産拠点「IBIDEN Fine Ceramics (Suzhou)」を設立すると発表した。今後見込まれる需要拡大に対応するため、生産能力増強と顧客サポートを強化する。

[MONOist]

 イビデンは2020年4月27日、中国江蘇省に触媒担体保持、シール材の新たな生産拠点「IBIDEN Fine Ceramics(Suzhou)」を設立すると発表した。投資額は約25億円で、2021年度4〜10月期より稼働を開始する予定だ。

 新たな生産拠点の設立は、触媒担体保持、保持シール材の生産能力増強と顧客サポートの強化が目的。自動車市場は環境規制の強化に伴い、高機能な触媒担体保持、シール材の需要拡大が見込まれている。同社は積極的に設備投資をすることで、セラミック事業全体の安定的な成長を目指す。

キャプション 新生産拠点の完成イメージ 出典:イビデン
キャプション 新生産拠点の位置 出典:イビデン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.