ニュース
» 2020年06月03日 06時30分 公開

3Dプリンタニュース:AeroEdge、独自設計の3Dプリンタ製フェイスシールドを足利市に寄贈

AeroEdge(エアロエッジ)は、栃木県・足利市役所を訪問し、自社で設計・製作したフェイスシールドを、足利市長へ寄贈した。

[八木沢篤,MONOist]

 AeroEdge(エアロエッジ)は2020年5月28日、栃木県・足利市役所を訪問し、自社で設計・製作したフェイスシールドを、足利市長へ寄贈したことを発表した。

AeroEdgeは、自社で設計・製作したフェイスシールドを足利市長へ寄贈した AeroEdgeは、自社で設計・製作したフェイスシールドを足利市長へ寄贈した ※出典:AeroEdge [クリックで拡大]

 寄贈したフェイスシールドは、同社が培ってきたAdditive Manufacturing(以下、AM)/3Dプリント技術を活用して製作したもの。また、同社はこれまで取り組んできた金属AM技術に加え、新たに研究開発分野の技術領域を樹脂材料にまで拡大しようと考え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を契機に、樹脂3Dプリンタの導入にも踏み切ったとしている。

金属AMで培った技術を基に、1週間で5回以上の試作

AeroEdgeのフェイスシールド(装着イメージ) AeroEdgeのフェイスシールド(装着イメージ) ※出典:AeroEdge [クリックで拡大]

 設計・製作においては、同社エンジニアがフェイスシールドを独自設計した後、金属AMで培ったノウハウを生かし、1週間で5回以上の試作・設計変更を繰り返し、完成に至ったという。

 同社は、COVID-19対策支援の一環として、拠点を置く足利市内で医療や接客業に従事する人たちに、フェイスシールドを活用してもらいたいと考え、自社技術を生かしたフェイスシールドの製作を決め、足利市へ寄贈することとした。また、今回の発表に際し、「今後も、社会や地域にさまざまな形で貢献できる会社でありたい」(同社)との考えを示している。


⇒ 特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.