ニュース
» 2020年06月04日 07時00分 公開

FAニュース:自動搬送システムを低コストで運用できる高精度位置検出マークを開発

大日本印刷は、自動搬送ロボットなどの位置を高精度に検出するマーク「DXマーカ」を開発した。ガラス基板上のマークは耐久性に優れており、角度±1度以下と高精度の位置検出が可能なため、低コストでモノの動きをデータ化できる。

[MONOist]

 大日本印刷は2020年5月7日、物流用自動搬送ロボットなどの位置を高精度に検出するマーク「DXマーカ」を発表した。

 位置を特定したい場所や無人移動体にDXマーカを装着し、建物や無人移動体に設置したカメラで同マークを読み取ることで、角度±1度以下と高精度に位置を検出できる。

 DXマーカは、液晶ディスプレイのカラーフィルターにも用いられている、同社の高精密な印刷技術「フォトリソグラフィ技術」を活用して開発。40×80mm、厚さ0.7mmのガラス基板上に、±数μ(10-6)mの精度でパターニングされている。

キャプション 高精度位置検出マーク「DXマーカ」 出典:大日本印刷

 また、DXマーカには、装着した場所や無人移動体を特定できるIDデータが埋め込まれており、カメラ1台と専用ソフトウェアでその情報を読み取れる。そのため、低コストでモノの動きをデータ化でき、管理や解析に活用できる。

 従来のマーカーは、精度や耐久性、コスト面に課題があった。精度については、GPSが使えない場所でも誤差10cm未満で測位できる高精度マーカーを産業技術総合研究所が開発していた。今回、大日本印刷はその精度を維持しつつ、同研究所の技術移転ベンチャー、リーグソリューションズによる新たなデザインに基づいて、安価なDXマーカを開発することに成功した。

キャプション 「DXマーカ」使用イメージ 出典:大日本印刷

 大日本印刷は今後、DXマーカを使った自動搬送システムの検証を物流機器メーカーと協業して実施するほか、自動搬送システムを低コストで運用したい物流や製造、医療、農業などの分野にDXマーカを提供し、2025年度に年間10億円の売上高を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.