ニュース
» 2020年06月05日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:粉末床溶融結合法3Dプリンタ用の樹脂材料が日本発のUL認証を取得

ULは、アスペクトが製造する3Dプリンタ用樹脂材料にUL認証を発行した。アスペクト製の粉末床溶融結合法3Dプリンタで造形したサンプルの試験の結果、難燃グレード「V-0」を取得した。

[MONOist]

 ULは2020年5月25日、アスペクトが開発した3Dプリンタ用樹脂材料に日本初のUL認証(ブルーカードプログラム)を発行したと発表した。

 アスペクトは、粉末床溶融結合装置と粉末樹脂材料の開発、販売、受託造形サービスなどを手掛けるメーカー。今回、同社が開発した粉末床溶融結合法(PBF)3Dプリンタ「RaFaEl II 300C-HT」で造形した樹脂材料「ASPEX-PA2FR、ポリアミド12」を試験した結果、ULから難燃グレード「V-0(最小厚:3mm)」を取得した。

造形サンプル 造形サンプル(クリックで拡大) 出典:UL Japan
RaFaEl II 300C-HT 3Dプリンタ「RaFaEl II 300C-HT」(クリックで拡大) 出典:UL Japan

 ULは2017年4月、射出成型などの従来の成形手法に対する認証制度(イエローカードプログラム)を拡張し、3Dプリンタで使用する樹脂材料向けブルーカードプログラムを導入した。

 3Dプリンティングによる造形方法は多岐にわたり、試験片の出力方法によりサンプルの燃焼性、着火性、電気特性などの樹脂材料の性能に影響を及ぼす。ブルーカードプログラムでは3Dプリンタ用材料に関するデータを提供し、一貫性と有用性の向上に貢献する。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.