ニュース
» 2020年06月05日 09時00分 公開

製造ITニュース:クラウドコンピューティング活用状況調査実施、国内の導入率は18%

ガートナー ジャパンは、国内のクラウドコンピューティングの活用状況などに関する調査結果を発表した。国内でのクラウドコンピューティングの2020年1月時点での導入率は平均で18%だった。

[MONOist]

 ガートナー ジャパンは2020年5月14日、国内のクラウドコンピューティングの活用状況などに関する調査結果を発表した。

 同調査によると、国内でのクラウドコンピューティングの2020年1月時点での導入率は平均で18%だった。同社によると、日本企業におけるクラウドの浸透は相当ゆっくりとした状況だという。また、クラウド移行が当たり前だと思い始めてはいるが、実際の導入には慎重な企業が多く存在しているという。

キャプション 日本におけるクラウドコンピューティングの導入率(クリックで拡大) 出典:ガートナー ジャパン

 同社では、大きな変化が生じるデジタル時代に企業が生き残るためには、クラウドやAI(人工知能)などのテクノロジーを使いこなすためのスキルが重要だと考え、それらのスキル獲得に関する状況を調査した。その結果、回答者の74%がクラウドに関するスキル獲得の重要性を認識。しかし、そのうちの49%が実際のスキル獲得を現場に任せているという実態が明らかになった。

キャプション クラウドのスキル獲得に対する投資の状況(クリックで拡大) 出典:ガートナー ジャパン

 同社は、必ずしも自社で全てクラウドなどの管理をする必要はないが、クラウドコンピューティングに関する知見を高めておくことが重要になるという。さらにクラウド化に際しては、既存業務の移行だけではなく業務自体を改革するという戦略的な視点が重要になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.