VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2020年06月08日 13時00分 公開

VRニュース:MRヘッドセットで職人技を記録、初心者の訓練に活用するアプリの提供開始

ホロラボは、MRデバイス「HoloLens 2」で職人技を記録し、初心者の訓練に役立てるアプリ「TechniCapture」の提供を開始した。プロの視線と手技を3D空間に記録し、自分の動きを重ねることでずれを視覚化できる。

[MONOist]

 ホロラボは2020年5月25日、MicrosoftのMR(複合現実)デバイス「HoloLens 2」で職人技を記録し、初心者の訓練に役立てるアプリ「TechniCapture」の提供を開始したと発表した。システム一式の基本セット(HoloLens 2は含まない)は90万円で、オプションの現地での操作説明と作業支援が60万円、追加ライセンス料が5万円(各税別)だ。

 TechniCaptureは、プロの視線と手技を3D空間に記録できる技術伝承MRトレーニングツール。記録した手技はデータ化され、同時多発的に表示可能となり、プロの技術をなぞるように学習できる。

 これまで手技を覚えるには見てまねる必要があったが、自分の動きを重ねることでプロの動きとのずれを視覚化できる。また、環境音などの音声も同時に録音できるため、補足説明も記録することで、より分かりやすいデジタル指南書となる。

職人技を記録できるアプリ 職人技を記録できるアプリ「TechniCapture」(クリックで拡大) 出典:ホロラボ
アプリ画面 アプリ画面(クリックで拡大) 出典:ホロラボ

 3D空間に映像で記録できるのは、手や指、頭の動きと目線だ。記録する空間の基準点を設定できるため、同じ機器の操作を遠隔で覚えられる。職人技の技術伝承に貢献するだけでなく、素早い熟練技の習得にも役立つ。HoloLens 2だけで完結するため、操作も容易だ。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

関連キーワード

HoloLens | 技術伝承 | ヘッドセット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.