デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2020年06月11日 13時00分 公開

CAEニュース:AIビジョンプロセッサの開発に3D電磁シミュレーションソフトウェアを採用

Ambarellaは、次世代AIビジョンプロセッサの開発にCadence Design Systemsの「Cadence Clarity 3D Solver」を採用した。同製品によって次世代5nm AIデザインプロジェクトで起こり得る課題を解決していく。

[MONOist]

3D解析がデザインサイクルの短縮に貢献

 Cadence Design Systemsは2020年6月1日(現地時間)、Ambarellaが次世代AI(人工知能)ビジョンプロセッサの開発に、同社の「Cadence Clarity 3D Solver」を採用したと発表した。高速、高精度な3D解析をする同製品を使用し、デザインサイクルを短縮する。

 Ambarellaは現在、3D電磁(EM)シミュレーションソフトウェアツールのCadence Clarity 3D Solverをコンピュータビジョン用SoCおよび、プリント基板に対して使用している。それぞれのシミュレーションの結果において、Cadence Clarity 3D Solverは高速信号用のベタな基準面がない場合でもデザインの欠陥を特定し、正確なSパラメータ応答を特定した。

 いずれのシミュレーションでも、32CPUを使用した3次元電磁解析処理により、パッケージとプリント基板を組み合わせたレイアウトデザイン上の48bitのLPDDR4インタフェースに対して、202ポートを定義したケースを29時間で完了している。

 Ambarellaの製品は、ビデオセキュリティ、先進運転支援システム、電動ミラー、ドライブレコーダー、運転者および車内モニタリング、自動運転、ロボットアプリケーションをはじめ、多岐にわたるヒューマンビジョン、コンピュータビジョンアプリケーションに使用されている。

 Ambarellaは、Cadence Clarity 3D Solverの処理速度、対応回路規模、精度によって、デザインプロセスを加速し、開発期間を短縮しており、同製品によって次世代5nm AIデザインプロジェクトで起こり得る課題を解決していく。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

関連キーワード

CAE(Computer Aided Engineering)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.