ニュース
» 2020年06月11日 07時00分 公開

工場ニュース:車載コンデンサーの需要拡大に向けポリプロピレンフィルムの生産能力を増強

東レは、茨城県土浦市の東レ土浦工場に生産設備を増設し、二軸延伸ポリプロピレンフィルム「トレファン」の生産能力を増強する。電動化車両市場の拡大を背景に、車載コンデンサー用フィルムの需要拡大に対応する。

[MONOist]

 東レは2020年5月18日、茨城県土浦市の東レ土浦工場に生産設備を増設し、二軸延伸ポリプロピレンフィルム(OPP)「トレファン」の生産能力を増強すると発表した。電動化車両(xEV)市場の拡大を背景に、車載コンデンサー用フィルムの需要拡大に対応する。

 土浦工場に増設する生産設備の稼働は、2022年の開始を予定。車載コンデンサー用フィルムの生産能力を現行比で1.6倍にする。同社は土浦工場で生産能力を拡充し、成長市場の取り込みを図って事業拡大を目指す。

 トレファンは、一般工業用、コンデンサー用、包装材料用などに広く利用されている。xEVでは、モーターを駆動させるパワーコントロールユニット(PCU)のインバーター回路に使用されているが、PCUとフィルムコンデンサーは、運転性能と燃費の向上、車内空間の確保と設計の自由度向上のため、小型、軽量化が求められている。

 xEV市場は環境規制の厳しいヨーロッパや中国を中心に年率約20%の高成長が見込まれていることから、同社は今後の車載コンデンサーの需要に応えるべく、独自技術により相反する薄膜化と高耐電圧化という性能を両立しているトレファンの生産能力を増強する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.