ニュース
» 2020年06月12日 13時00分 公開

CADニュース:データを渡さずに3D CADデータを共有するソリューションの提供を開始

スマートスケープは、マルチCADオンライン情報共有ソリューション「Kisters 3DViewStation VisShare」の提供を開始した。データを渡さずに、高セキュリティな3D CADデータの共有ができる。

[MONOist]

3D CADデータ共有をセキュアに

 スマートスケープは2020年6月2日、グループ会社の3DVS Japanが、マルチCADオンライン情報共有ソリューション「Kisters 3DViewStation VisShare」を提供開始したことを発表した。メール添付やFTPなどでデータを渡さずに、高セキュリティな3D CADデータの共有ができる。

Kisters 3DViewStation VisShare マルチCADオンライン情報共有ソリューション「Kisters 3DViewStation VisShare」 出典:スマートスケープ

 Kisters 3DViewStation VisShareは、共通のデータベースと直感的なユーザーインタフェースを搭載したプラットフォームとして、データを簡単かつ安全に共有、管理、制御、視覚化、分析できる。

使用イメージ 「Kisters 3DViewStation VisShare」の使用イメージ 出典:スマートスケープ

 それぞれのCADデータをプロジェクト用および個人用に管理でき、CADを閲覧する方法がないメンバーとのデータの共有にも対応。閲覧期限、閲覧回数を設定し、URLのリンクを送信するだけでデータを共有できる。

 実際のCADデータの閲覧、計測、分析は、WebViewerが担当。サーバ側でレンダリングなどの処理を全て実行するため、クライアント側にジオメトリなどの機密情報が残ることがない。クライアント側は、HTML5対応のブラウザだけで閲覧できる。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

関連キーワード

CAD | 3次元CAD(3D CAD) | 機密情報


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.