連載
» 2020年06月12日 09時30分 公開

モノづくり業界転職トレンド(21):今、半導体業界が求めている人材とは (2/2)

[杉本恭子,MONOist]
前のページへ 1|2       

異業種からの転職が可能な職種も

 では半導体業界は、どういう職種を募集しているのか。関寺氏は「大きく分けて、設計・開発エンジニア、半導体製造のプロセスエンジニア、製造装置のフィールドエンジニアの3つ。このほか、品質管理、実験や不具合解析が若干ある」と言う。

 半導体そのものの設計・開発は、家電やクルマ、機械の回路設計とはまったく別物。何らかの回路設計の経験者であったとしても、半導体への技術転用は、ほぼできない。そのため、採用ニーズは高いものの、同業界での経験者でなければ難しいのが現実だ。それに対して、半導体製造装置の設計・開発ならば、比較的間口は広い。

 製造装置のフィールドエンジニアは、半導体業界に限らず安定的に募集している職種。景気の善し悪しにかかわらず、メンテナンスは常に必要だからだ。半導体に限ると、製造装置が非常に繊細であるが故に、特に導入時期には試運転や稼働状況の見守りなど、多くのフィールドエンジニアが必要になる。製造装置そのもののプロセスの理解、あるいは機械や電気に関する基本的な素地があれば、異業種の経験も比較的生かしやすい。

 半導体業界の現場は“常に忙しい”と言われている。プロセスエンジニアやフィールドエンジニアは、毒性の高い薬品やガスも扱うので、厳しく安全性は確保されていても、リスクと感じる人もいるだろう。

 しかし、コロナ禍でもメモリやセンサーは伸びているし、今後の伸びも期待できる業界だ。「半導体は、非常に繊細かつ最先端の技術。まだ世の中にない技術を取り扱える、身につけられる、という技術的な面白さがある」と関寺氏。エンジニアとしては、魅力的な分野ではないだろうか。

関寺庸平氏 クイック 人材紹介事業本部 自動車チーム マネージャー

自動車業界を中心に、製造業の転職コンサルタントとして12年の実績。前職では上場メーカーで技術営業をしていたため技術者のキャリアに詳しく、電気・機械・ソフト系技術者の支援に強みを持っている。NHKや日経新聞に製造業の転職市場についてコメントを提供。

photo


オートモーティブ・ジョブズは、唯一、自動車業界を専門とする転職サイトです。業界No.1クラスの求人数と、エンジニアのキャリアに詳しいコンサルタントにより、理想の転職をかなえます。サービスは全て無料です。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.