ニュース
» 2020年06月16日 13時00分 公開

デザインの力:由紀精密、精密機械装置としてこだわり抜いたアナログプレーヤーを発売

由紀精密は、エンジニアリング視点で一から設計したピュアオーディオ向けアナログプレーヤー(開発コード:AP0)を開発し、同社専用Webサイトを通じて予約販売の受け付けを開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 由紀精密は2020年6月10日、エンジニアリング視点で一から設計したピュアオーディオ向けアナログプレーヤー(開発コード:AP0)を開発し、同社専用Webサイトを通じて予約販売の受け付けを開始したことを発表した。販売価格(税別)は200万円で、参考納期は3カ月(受注数により変動)。

最も精密機械装置としての性能が問われるアナログプレーヤーに着目

 CDの登場以降、レコードの生産枚数は減少傾向にあったが、近年のハイレゾリューションオーディオブームとともに、音質の良さを追求するユーザーが増加し、再びレコードの生産枚数が増えてきている。こうした状況を踏まえ、同社はスピーカーやアンプと比較して、最も精密機械装置としての性能が問われるアナログプレーヤーに着目。アナログプレーヤーとしての機械特性にこだわり抜いたプロダクトを誕生させるべく、同社の設計、製造ノウハウを注ぎ込み、開発したのがAP0だ。

由紀精密が開発したピュアオーディオ向けアナログプレーヤー(開発コード:AP0) 由紀精密が開発したピュアオーディオ向けアナログプレーヤー(開発コード:AP0) ※出典:由紀精密 [クリックで拡大]

 本体サイズは560×209×353mm(突起部含む)で、重量は27.4kg。重量バランスの取れた削り出しプラッターを採用する。軸受けはラジアル方向をマグネットで浮かせ、重量はセラミックスの点接触で受けている。この構造により、ボールベアリングやすべり軸受けから発生する微細な振動を排除した。

 また、プラッターの回転モーメントを均等化するため、駆動伝達にはシンメトリーレイアウトのケブラー製糸ドライブを採用。33、45、78回転ごとの独立したピッチコントロールが可能だ。トーンアームも同社独自設計とし、ストレートアームを採用するとともに、内部にはアームの首振りに対して抵抗を発生させる独自設計のブレーキを備える。さらに、トーンアームユニットは独立した筐体に格納し、フローティングすることで、振動の影響を受けにくい構造とした。

 AP0の意匠も特徴的で、本体軸受け周辺に機器が存在しないため、正面から奥が抜けた外観となっている。また、目に触れる部分のほとんどが削りや曲げによる金属部品(アルミニウム、ステンレスなど)で構成され、錆防止や絶縁のための適切な表面処理も施されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.