ニュース
» 2020年06月16日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:自動設備点検ロボット活用による事業推進のため資本業務協定

荏原環境プラントは、ハイボットの第三者割当増資を引き受け、資本業務協定を締結した。共同開発の小型走行型ロボット「SQUID」の実証結果を踏まえ、ボイラ水管の点検、維持管理業務の効率化、高度な寿命予測診断などの点検サービスを提供する。

[MONOist]

 荏原環境プラントは2020年5月28日、ハイボットの第三者割当増資を引き受け、同社との資本業務協定を締結したと発表した。

 両社は、水浸超音波探傷センサーを搭載した小型走行型ロボット「SQUID(スクイッド)」を共同開発している。SQUIDは、ボイラー水管の管寄せ配管の点検口から投入し、測定対象の水管まで走行させて、内側からボイラー水管の厚さを自動測定する。

 2019年12月には、同ロボットによるボイラ水管の厚さ測定の実証実験に成功。測定時にボイラー水管の一部切断が不要になり、作業時間短縮や資材、機材の削減につながることを実証した。両社はこの結果を踏まえ、ボイラー水管の点検、維持管理業務の効率化、高度な寿命予測診断などの点検サービスを提供していく。

キャプション ボイラー水管厚さの自動連続測定用の小型走行型ロボット「SQUID」の外観 出典:荏原環境プラント

 荏原環境プラントは、国内外400施設超の固形廃物処理施設の納入実績を持つ。一方、ハイボットは、高度なロボット開発技術を有する。両社は今回の資本業務協定を通じて、RaaS(Robot as a Service)分野における連携強化を図る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.