ニュース
» 2020年06月16日 14時00分 公開

製造業IoT:5Gが2024年に国内モバイル通信全体の26.5%を占めると予測

IDC Japanは、国内5G通信サービスの市場予測を発表した。2020年から2024年にかけての国内5Gネットワーク回線数の年平均成長率は107.6%で、2024年末の回線数は6024万回線に達すると予測している。

[MONOist]

 IDC Japanは2020年5月25日、国内5G通信サービスの市場予測を発表した。2020年から2024年にかけての国内5Gネットワーク回線数の年平均成長率は107.6%で、2024年末の回線数は6024万回線に達すると予測している。

 5Gネットワークは、2020年3月に商用サービスが開始されている。同社は、既存のLTE回線の置き換えやコネクテッドカー、ヘルスケアデバイスなどの需要拡大によって5Gの普及が進み、2024年に国内モバイル通信サービス市場全体の26.5%を占めると予測した。

 一方で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、5Gデバイスの供給遅延や一部のIoT(モノのインターネット)プロジェクトの遅延が起こると予測している。

 なお同社は、国内モバイル通信サービス市場全体の回線数が2019年末時点で1億8680万回線となっており、2019年から2024年の年平均成長率は4.0%で、2024年末には2億2763万回線に達すると予測している。

キャプション 国内5G通信サービス市場 世代別 回線数予測 出典:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.