ニュース
» 2020年06月18日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:製造業向けでIoTデータを用いた保険を提供、IoT関連ソリューションと合わせて

マクニカ、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメントは共同で、IIoT関連ソリューションの一括提供と、それらのデータおよび技術を用いた保険開発、最適な保険を提案する新サービスの提供を開始する。

[MONOist]

 マクニカは2020年5月27日、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメントと共同で、振動センサーなどを用いた重要設備の状態監視や可視化、センシングデータの蓄積に対応する産業用IoT(IIoT)製品のパッケージを同月より提供すると発表した。併せて、それらのデータや技術を用いた保険開発、最適な保険を提案する新サービスの提供も開始する。

 マクニカは、主に製造業を対象として、コンサルティングやセンシングデータの収集、AI(人工知能)モデルの開発、組み込み、システム運用までを一括でサポートする。また、エッジコンピューティング向けデバイス「SENSPIDER」やセンシング端末などのハードウェア開発、データ生成、分析用ツールなどのソフトウェア開発も行う。

 損害保険ジャパンおよびSOMPOリスクマネジメントは、企業向けの建物や工場、設備、機械の損害を補償する保険とその関連サービスを提供する。

 3社がこれらをパッケージ化して提供することで、重要設備の稼働状況データの蓄積や可視化が容易になる。設備の事故、故障の未然防止が可能になるほか、稼働状況に応じた適切なリスク管理に対応し、各工場に適した保険の提案ができるようになるとしている。

キャプション 協創イメージ(クリックで拡大) 出典:マクニカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.