ニュース
» 2020年06月19日 11時00分 公開

製造業IoT:100台規模の機械を一括管理できるIoTワイヤレス稼働監視システムを先行販売

ソナスは、既存の設備や機械への取り付けとモニタリングが容易なワイヤレス稼働監視システムの先行販売を開始した。独自開発のIoT無線「UNISONet」を活用し、工場内の稼働監視業務の省力化に貢献する。

[MONOist]

 ソナスは2020年6月2日、既存の設備や機械への取り付けとモニタリングが容易なワイヤレス稼働監視システムの先行販売を開始した。独自開発のIoT(モノのインターネット)無線「UNISONet(ユニゾネット)」を活用し、スマートファクトリーにおける稼働監視業務の省力化に貢献する。

 UNISONetは、「同時送信フラッディング」というマルチホップ技術を採用し、安定、省電力、高速、双方向低遅延、ロスレス、時刻同期、多数収容といった特徴を持つ無線通信規格だ。

 UNISONetを搭載したワイヤレス稼働監視システムは、設備や機械の稼働状況、位置情報を見える化し、ヒトやモノの移動が多い製造現場で、安定したモニタリングを提供する。

 施設内に点在する100台規模の設備や機械を1つのネットワークで一元管理し、機器の追加にも対応できる。さまざまなセンサーをラインアップしており、古い設備や機器も監視可能。電波環境変動に強いシステムのため、機器の移動に追従できる。電池駆動で最大5年稼働可能で、頻繁な電池交換や電源ケーブルの敷設が不要だ。

 現在、2020年秋からの正式販売に向けて、同システムのパイロット導入先と販売パートナー企業を募っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.