デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2020年06月22日 06時30分 公開

CAEニュース:COVID-19患者の隔離エリアにおける感染リスク低減に3D技術を活用

ダッソー・システムズは、COVID-19患者の受け入れを行っているサン・フランソワ病院に対し、院内感染リスクの低減に向けた支援を実施したことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 ダッソー・システムズは2020年6月19日、フランス内で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が大きかった地域の1つ、マランジュ=シルヴァンジュでCOVID-19患者の受け入れを行っているサン・フランソワ病院に対し、院内感染リスクの低減に向けた支援を実施したことを発表した。

病棟の平面図から3Dバーチャルモデルを作成

 同病院では、COVID-19患者の受け入れ体制の構築に際し、特定階にある隔離エリア内のウイルス感染リスクの軽減が課題となっていた。

 そこで、同社コミュニティーのメンバーは、病棟の平面図を基に、3Dバーチャルモデルを作成し、コンピュータ上で隔離エリア内の間仕切り案や、壁の組み換え案を確認できるようにした。さらに、この3Dバーチャルモデルと「SIMULIA」の数値流体力学シミュレーションを組み合わせ、病棟内における空気の流れ場のあらゆるケースを検証。その結果、病院関係者らは、病棟の通路とウイルス拡散の関係性を把握でき、隔離エリア内におけるレイアウトの最適化を実現した。

平面図を基に作成したサン・フランソワ病院の3Dバーチャルモデル 平面図を基に作成したサン・フランソワ病院の3Dバーチャルモデル ※出典:ダッソー・システムズ [クリックで拡大]

 このプロジェクトに取り組んだコミュニティーのメンバーは、患者の行動、咳の影響、フロアの換気/空調システムなどについて、複数の仮説を立て、窓やドアからの空気の漏れまでも検討材料に含め、詳細な分析を実施した。また、換気を減らした場合だけでなく、窓を開けた際のシミュレーションも計画的に行うことで、さまざまな選択肢を検討し、新鮮な空気が気流やウイルス分子の濃度にどのように影響するかの確認まで行うことができたという。

 なお、同プロジェクトに関わるエンジニア、医療関係者、病院技術者などのメンバーは、全てクラウド版「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を使用し、報告やフィードバック、シミュレーション結果の共有などを行ったとする。

 同社は、COVID-19の対策支援の一環として、オープンなオンラインコミュニティー「3DEXPERIENCE Lab OPEN COVID-19」を開設し、各国・地域が抱えるさまざまな対策に取り組んでいる。今回のサン・フランソワ病院への支援はその最新事例である。

⇒ 特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.