ニュース
» 2020年06月24日 09時00分 公開

製造ITニュース:LPWAネットワークを用いた工場、ビル向けの振動診断パッケージ製品を提供

マクニカネットワークスは、LPWAネットワークを用いた、工場やビル向けの振動診断パッケージ製品の提供を開始した。LPWAネットワークを利用してデータを収集するため、従来は同様のソリューション導入時に必要だった構内配線が不要になる。

[MONOist]

 マクニカネットワークスは2020年6月2日、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを用いた、工場やビル向けの振動診断パッケージ製品を発売した。配線不要の振動センサー、LoRaWANネットワークサーバ、ゲートウェイ、管理アプリケーションで構成される。

キャプション システム構成図(クリックで拡大) 出典:マクニカネットワークス

 無線振動センサーは、LPWA対応で、3軸加速度センサーと温度センサーを内蔵する。LPWAの1種であるLoRaWAN通信を介して、あらかじめセンサーを設置した回転機械の振動や表面温度の情報を定期的に収集する。収集したデータは専用のアプリケーションから確認でき、異常時にはメールやSMSでアラート通知する。

キャプション 管理アプリケーションの画面イメージ(クリックで拡大) 出典:マクニカネットワークス

 LPWAネットワークを利用してデータを収集するため、従来は同様のソリューション導入時に必要だった、構内配線が不要になる。免許不要のサブギガ(日本では920MHz)帯を利用しており、任意の場所にいつでもインフラを構築できる。

 振動センサーのサイズは84.7×48.3mm。マグネットまたはネジ止めによって設置できる。同社の「Digital Synergy Factory」サービスの1つとして提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.