「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2020年06月24日 06時00分 公開

自動運転技術:メルセデスベンツがOTAで自動運転を追加可能に、2024年以降の新型車

Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)とNVIDIAは2020年6月23日、自動運転技術を搭載する車両のコンピューティングアーキテクチャを共同開発し、2024年から量産すると発表した。このアーキテクチャは「Sクラス」から「Aクラス」まで全ての次世代モデルに搭載する。

[齊藤由希,MONOist]

 Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)とNVIDIAは2020年6月23日、自動運転技術を搭載する車両のコンピューティングアーキテクチャを共同開発し、2024年から量産すると発表した。このアーキテクチャは「Sクラス」から「Aクラス」まで全ての次世代モデルに搭載する。これにより2024年以降に生産されるメルセデスベンツの各モデルには、無線ネットワークによるソフトウェアアップデート(OTA:Over-The-Air)でアップグレード可能な自動運転システムが搭載される。

 自動運転システムの開発や搭載モデルの生産自体は他社でも例があるが、一貫性のあるコンピューティングアーキテクチャでアップグレード可能な車両のラインアップをそろえた点が新しい取り組みだとしている。また、この協業は、メルセデスベンツが取り組む車両OSの開発の一部と位置付けられる。

 共同開発するコンピューティングアーキテクチャは、自動運転車向けプラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の次世代版をベースとする。次世代版のNVIDIA DRIVEでは、新たなGPUアーキテクチャ「Ampere」をベースにした次期型SoC(System on Chip)「Orin」を採用する。従来の同社プラットフォームと比べて6倍以上(ワット当たりでは4倍)の処理性能を発揮することが可能で、完全無人運転となるレベル5の自動運転から、低消費電力が要求されるADAS(先進運転支援システム)まで単一のアーキテクチャでカバーする点が特徴だ。将来の新型車の開発でもNVIDIA DRIVEを活用し、車両を販売する地域の要件に対応させていく。

 NVIDIAとメルセデスベンツは、新しいコンピューティングアーキテクチャを基にレベル2〜3の自動運転システムと、レベル4相当の自動駐車システムを開発する。最新の機能は、安全を最優先して技術や規制の発展に合わせてOTAで入手できるようにする。自動運転機能だけでなく、その他の機能もソフトウェアやサブスクリプションサービスの購入によって追加でき、車両のユーザーは購入後の車両を継続的にアップデートできる。

 ダイムラー 取締役会長のオラ・ケレニウス氏は、「NVIDIAのAIコンピューティングアーキテクチャによって、メルセデスベンツの自動運転に向けたプロセスがより効率化される。新しい機能はクラウドからダウンロードできるため、全てのユーザーの安全性を向上させるとともに、クルマを所有する価値や楽しみがさらに高まるだろう」とコメントした。

 NVIDIAとメルセデスベンツは、インフォテインメントシステム「MBUX」でも協業している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.