ニュース
» 2020年06月26日 09時00分 公開

製造ITニュース:AIメーター点検効率化サービスをIoTサービスの検針オプションに採用

GMOクラウドは、AIを活用したメーター点検効率化サービス「hakaru.ai byGMO」が、KDDIの法人向けIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウドStandard」のオプションサービスとして採用されたと発表した。

[MONOist]

 GMOクラウドは2020年6月1日、AI(人工知能)を活用した同社のメーター点検効率化サービス「hakaru.ai byGMO(hakaru.ai)」が、KDDIの法人向けIoT(モノのインターネット)クラウドサービス「KDDI IoTクラウドStandard」のオプションサービスとして採用されたと発表した。

キャプション 「KDDI IoTクラウドStandard 検針オプション」概念図、利用イメージ(クリックで拡大) 出典:GMOクラウド

 KDDI IoTクラウドStandardは、IoTやM2M(Machine to Machine)に必要となる、データの可視化、通知、蓄積などの機能を提供するクラウドサービス。同サービスの「検針オプション」として、hakaru.aiが正式採用された。

 hakaru.aiは、工場やビルなどのさまざまなタイプのメーターと個別発行のQRコードを一緒に撮影するだけで、AIがメーターの値を読み取り、クラウド上の台帳へ自動記入する機能を備える。

 今回、目視による確認と同等の正確性でメーター値を読み取れる画像解析精度が評価され、KDDI IoTクラウドStandardのオプションサービスとして採用。専用アプリケーションを設定したスマートフォンでメーターを撮影すれば、クラウド上でリアルタイムに検針データを蓄積、管理できる。

 メーターのほか、温湿度センサーなどのセンサーもKDDI IoTクラウド Standard上で一元管理できるため、データ管理業務の効率化につながるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.