「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2020年06月26日 06時00分 公開

モビリティサービス:クルマではなく人につく保険を、スマートドライブと損保ジャパン

スマートドライブと損害保険ジャパンは2020年6月23日、車両ではなく人につけるモビリティ保険やサービスを検討、開発するため、業務提携を結んだと発表した。MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などを所有せずサービスとして利用すること)の普及で移動手段が多様化することに対応していく。

[齊藤由希,MONOist]

 スマートドライブと損害保険ジャパンは2020年6月23日、車両ではなく人につけるモビリティ保険やサービスを検討、開発するため、業務提携を結んだと発表した。MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などを所有せずサービスとして利用すること)の普及で移動手段が多様化することに対応していく。

 損害保険ジャパンはこれまで、一時的な自動車の利用に対する補償ニーズに応えた時間単位型自動車保険を開発し、所有以外の自動車の使い方に対応してきた。今後、自動車だけでなくあらゆる移動手段に対応した商品が必要になると見込み、必要なデジタル技術の検証を進めている。

 スマートドライブは、移動に関するさまざまなデータを収集、解析しており、オープンにつながるプラットフォームをグローバル展開。移動データを取得しやすいデバイスの開発や、データの利活用やサービス開発まで一貫して行なっている。両社の強みを持ち寄ることで、移動手段の多様化に対応した保険やサービスを開発していく。

開発する保険、サービスのイメージ(クリックして拡大) 出典:損害保険ジャパン

 今後は、スマートドライブの移動データ利活用のノウハウと、損害保険ジャパンの移動手段別の事故やトラブルのデータを組み合わせて収集データの精度検証を進めていく。その上で従来のようなモビリティにつける保険だけでなく、個人のリスクに合わせた人につける保険やサービスを開発するとともに、顧客体験の向上につなげる。

→その他の「モビリティサービス」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.