ニュース
» 2020年06月29日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:融合領域でのデジタルイノベーション推進のため、グループ内の横断組織を設立

古河電気工業は、グループ内のデジタルイノベーションを推進する組織として、2020年4月1日付けで「デジタルイノベーションセンター」を設立した。デジタル技術の中核組織として、人材の確保や育成、新規事業創出などに取り組む。

[MONOist]

 古河電気工業は2020年6月2日、グループ内のデジタルイノベーションを推進する組織として、同年4月1日付で「デジタルイノベーションセンター」を設立したと発表した。グループ内を横断するデジタル技術の中核組織として、人材の確保や育成、製造部門の生産性、品質の向上、新規事業創出などに取り組む。

 同社は、国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」を踏まえ、「古河電工グループビジョン2030」を策定。これに基づき、情報やエネルギー、モビリティの融合領域で、新規事業創出を推進している。

 新たに設置したデジタルイノベーションセンターでは、こうした融合領域で社会課題を踏まえたアプローチ領域を設定し、AI(人工知能)を活用した新規事業の創出に取り組む。また、各製造拠点からの課題を集約して、IoT(モノのインターネット)によるプロセスの可視化やAIによる外観検査自動化、プロセス自動制御、技術伝承などによる、ものづくり力の強化と品質向上を目指す。

 さらに、AIやソフトウェア基盤技術の開発を進めるため、デジタル環境の共通化や人材確保、育成などにも取り組む。今後、DXの推進組織として、2021年度までに100人規模とする予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.