ニュース
» 2020年06月29日 14時00分 公開

ロボット開発ニュース:パワードウェアが存在する10年後の社会に向けたビジョンを策定

ATOUNは、パワードウェアが存在する10年後の社会に向けた「ATOUN Vision 2030」を策定した。2030年以降の未来として、生来の身体的能力を自由に拡張できる「フリーアビリティ社会」を掲げる。

[MONOist]

 ATOUNは2020年6月3日、パワードウェアが存在する10年後の社会に向けた「ATOUN Vision 2030」を策定したと発表した。

 同社は2030年以降の未来として、生来の身体的能力を自由に拡張できる「フリーアビリティ社会」を掲げる。パワードウェアの提供など、これまでのハード面での取り組みに加え、動作を読み取って技能をデータ化し、他人でも再現可能なものとするソフト面での取り組みを強化する。

キャプション 「フリーアビリティ社会」のイメージ(クリックで拡大) 出典:ATOUN

 また、パワードウェアのIoT(モノのインターネット)化を進める。人の技能を記録したアクティビティーデータをクラウド内の「ACTIVITY STORE」で共有し、さまざまなシーンに応じて必要なデータをダウンロードできるようにする。さらに、デバイスとBluetoothで連携し、データを取得、可視化するアプリケーション「ATOUN CONNECT」も開発中だ。

キャプション デバイスとBluetoothで連携する「ATOUN CONNECT」(クリックで拡大) 出典:ATOUN

 ATOUN Vision 2030の策定においては、未来に関する仮説をサイエンスフィクション(Sci-Fi)として表し、そこからさかのぼって今あるべきプロダクトの姿を描き出す「Sci-Fi プロトタイピング」という手法が用いられている。同社は、クリエイティブ集団「PARTY」の協力により、同手法を体系化した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.