特集
» 2020年06月30日 10時00分 公開

LiveWorx 20 Virtual:CAD、PLMからARまで、SaaSはニューノーマルの最適解 (2/2)

[加藤まどみ,MONOist]
前のページへ 1|2       

Atlasへの搭載でARは真価を発揮する

 キャンベル氏は「Onshapeが価値を発揮するのは製品開発の場だけではない。ARアプリケーションの持つ価値もまた最大化できる。これはOnshape(Atlas)上に構築されたVuforiaスイートで実証済みだ」と語った。

 現在、産業界では熟練者の持つ技術が退職によりどんどん失われている。また製品・サービスは多様化して複雑になる一方だ。ニーズは目まぐるしく変化しており、他社と差別化できる製品やサービスを迅速に提供しなければ生き残ることはできない。「さらに今回のCOVID-19によって、状況はより困難になった。われわれはまさに今、新しい現実を受け入れなければならない状況に直面している」(キャンベル氏)。そして「新しい現実は、より仮想的になる」とキャンベル氏はいう。

 PTCのARソリューションであるVuforiaのラインアップには現在、「Vuforia Spatial Toolbox」、カスタムARアプリケーションを開発する「Vuforia Engine」、ARコンテンツを作成する「Vuforia Studio」、熟練者のナレッジを記録/シェアする「Vuforia Expert Capture」「Vuforia Chalk」の5つがある。

図5 ARアプリケーション「Vuforia」のラインアップ 図5 ARアプリケーション「Vuforia」のラインアップ ※出典:PTC [クリックで拡大]

 その中で最近リリースされたのがVuforia Spatial Toolboxだ。これはオープンソースの空間コンピューティングの開発環境であり、イノベーターや研究者向けに、リアルタイムARに関する研究開発アプリケーションとして提供される。

COVID-19を受けて無償提供

 Vuforia Chalkは、現場で発生した問題についてすぐに知りたいときに、リモートで画像を共有し、状況を説明してフィードバックを得られるシステムである。リアルタイムに画面上に書き込みをすることができ、画面が動いたりズームアウト/ズームインを行ったりしても、書き込みは対象物に追随する。

図6 講演ではリモートでキャンベル氏がハーシュティック氏にアンプユニットの修理をアドバイスするデモも行った 図6 講演ではリモートでキャンベル氏がハーシュティック氏にアンプユニットの修理をアドバイスするデモも行った ※出典:PTC [クリックで拡大]

 鉱山の換気や廃水処理の関連装置を製造するHowdenは、専門家によるリモートアドバイスのために、容易に使え、大規模に展開できるVuforia Chalkを選んだ。同社は最近まで、このツールを、本社にいる専門家が現場の自社の技術者にアドバイスするといった社内用途に限定して使用していた。だが、最近のCOVID-19の影響による外出自粛の状況を受け、同社は顧客を直接サポートするためにも使い始めた。これによりサービスコストや出張費の削減とともに、従業員の安全性を確保した。

 「外出自粛が始まったとき、Vuforia Chalkがこの状況に対して非常に有用であることがはっきりした。そのため、2020年3月には無償での提供を始めた」(キャンベル氏)。この取り組みは好評で、現在数千の企業が利用しているという。無償提供の期間は現時点では同年8月31日までとなっているが、COVID-19の影響が続く間は無償提供を続ける方針だとしている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.