VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2020年07月01日 08時00分 公開

VRニュース:VR空間で3Dデザインの共同制作が可能に、ドコモが5G対応ソリューション発表

NTTドコモは、遠隔地にいる人とVR(仮想現実)空間上で3Dデザインの共同制作が行える5G対応ソリューション「Virtual Design Atelier(バーチャル デザイン アトリエ)」を法人顧客向けに提供開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 NTTドコモは2020年6月30日、遠隔地にいる人とVR(仮想現実)空間上で3Dデザインの共同制作が行える5G対応ソリューション「Virtual Design Atelier(バーチャル デザイン アトリエ)」を法人顧客向けに提供開始したことを発表した。

 同ソリューションは、複数拠点にいるデザイナーがそれぞれVRゴーグルとVRコントローラーを用いて行った操作情報を、「ドコモオープンイノベーションクラウド」(注1)を介して交換し、その操作によってデザインされた3Dデータを、同じ1つのVR空間上で共有することで、リアルタイムでの3Dデザインの共同制作を可能にする。同社は、同ソリューションを通じて、3Dデザインにおける業務効率化や新たな働き方を支援し、デザイン業界の価値創出に貢献したいとの考えを示す。

※注1:低遅延、高セキュリティなど、MEC(Multi-access Edge Computing)の特長を持つクラウドサービスで、ドコモ網内の設備にクラウド基盤を構築することで実現している。

遠隔地にいるデザイナー同士の共同制作のイメージ 遠隔地にいるデザイナー同士の共同制作のイメージ ※出典:NTTドコモ/ワコム [クリックで拡大]

 主なターゲットは、自動車などの製造業や、ゲーム/エンターテインメント業界だという。これらの業界では、各デザイナーが担当部分のデザインをそれぞれ制作した後に、全体像を確認するというプロセスが一般的であるため、制作過程でのリアルタイムな確認が困難で、手戻りなどの原因となってきた。同ソリューションはこうした課題を解消するもので、円滑なコミュニケーションの実現、作業工数の削減、生産性の向上にも貢献できるとしている。

大容量3Dデータを低遅延かつセキュアに

 デザイナーのいる各拠点(の通信端末)とドコモオープンイノベーションクラウドをつなぐ通信網は、4G(LTE)の他、5Gにも対応する。5Gネットワークを用いることで大容量の3Dデータが扱えるだけでなく、低遅延通信によりスムーズな共同作業を実現できる。さらに、通信端末とドコモオープンイノベーションクラウド間の通信経路を最適化することで、5Gによる低遅延、高セキュリティ通信を実現するドコモオープンイノベーションクラウドのオプションサービス「クラウドダイレクト」の活用により、秘匿性の高い3Dデータを高セキュリティな環境で取り扱うことも可能だ。

システム構成について システム構成について ※出典:NTTドコモ [クリックで拡大]

 なお、同ソリューションにおける3Dデザインツールは、ワコムが提供するGravity Sketchのソフトウェア「Gravity Sketch Enterprise Edition」を採用し、手描きに近い直感的な操作性を実現しているという。

 同ソリューションの利用料金(税別)は初期費用が600万円から、年額費用が1400万円からとなる(注2)。通信回線、モバイルルーター、VRシステムなどをワンストップで提供することにより、迅速な導入が可能だとする(VRシステムと接続するPCは別途必要)。

※注2:10ライセンスからの参考価格。顧客ごとに同ソリューションの利用方法をヒアリングした上で、料金および提供条件を提案するとしている。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.